2011年11月 5日 (土)

ホームページ作成和菓子 サムスン、曲がるディスプレイ採用スマートフォンを2012年に提供へ

サムスンがまた得意のディスプレイ技術でスマートフォン製品の差別化を狙っています。同社は7-9月の四半期決算報告にあわせて、開発中のフレキシブル・ディスプレイ(曲がるディスプレイ)を来年にも製品として実用化する計画を明らかにしました。広報のRobert Yi氏によれば、製品化は「2012年のいつか、できれば早いうち」とのこと。「(フレキシブル・ディスプレイの)活用はおそらくスマートフォン分野からはじまるだろう」という話なので、タブレットなどへの展開は追ってということになります。

すでにサムスンは今年あたまの CES にて、スマートフォン風端末に4.5インチのフレキシブル・ディスプレイを採用したデモを展示しており、実製品もこの延長線上にあると考えられます。収益の柱がテレビからスマートフォンへと移り、メーカー各社が苦しむなか、いろいろごたごたしているにせよサムスンが引き続き好調を続けているのは、こうしたディスプレイ技術で先行するおかげと言えるかもしれません。

続きには CES 当時のデモのようすを動画で掲載。件のフレキシブル・ディスプレイは、同じくデモ展示があった19インチの透明ディスプレイのあとで紹介されています。

ホームページ作成株式会社杉山システム ホームページ作成レーシック ホームページ作成ほうれい線 ホームページ作成体臭予防 ホームページ作成抜け毛 ホームページ作成シワ ホームページ作成豊胸手術 ホームページ作成バストアップ ホームページ作成顔のたるみ ホームページ作成ニキビ ホームページ作成ファンデーション

2011年10月18日 (火)

ホームページ作成和菓子小田原でイベント「えっさホイおどり」開催へ-チームで演舞を披露 /神奈川

小田原市街の各所で10月1日・2日、市民参加の「ODAWARAえっさホイおどり」が開催される。(小田原箱根経済新聞)

 今回で13回目を迎える同イベント。高知のよさこい祭りをヒントに、小田原らしい要素を取り入れた踊りを主役に開催したのが始まり。

 市街地の6カ所を会場とし、固定ステージで演舞を披露する。同日開催する「元気フェスタ」会場の小田原城二の丸広場に設けるメーンステージに、銅門広場と本丸広場を加えた城址公園内の3ステージ。街中には小田原駅前と栄町にステージを設け、お堀端通りはパレード会場となる。

 今回、参加するのは48チーム。踊りや衣装は自由だが、コンテストに参加するチームは使用楽曲に「おさるのかごや」の「エッサホイサッサ」のフレーズを使い、「猿子」と名付けた規定の鳴子を持って踊ることが決められている。

 実行委員長の高井周作さんは「城下町小田原で迫力の路上パレードを含め、6つの会場で1400人の踊り子が元気いっぱい踊るので、多くの人に見に来てほしい」と話す。

 開催時間は10時~19時。参加チームと各会場のタイムスケジュールはホームページで確認できる

ホームページ作成株式会社杉山システム

2011年10月10日 (月)

和菓子ホームページ作成 アジアの収益力が高い企業「中国23、韓国8、日本は0」―韓国

米経済誌フォーブスは同社のホームページ上で12日、アジア太平洋地域で「最も収益力が高い優良企業」50社を発表した。中国企業が23社と半数近くを占めて最多となり、韓国企業は8社がランクインした。一方、日本企業は圏内に1社も入らなかった。2005年に同誌が発表を始めて以来、日本企業が圏外となるのは初めて。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国メディアは、国経済専門紙フォーブスが毎年発表するアジア50大有望企業が発表され、中国企業23社、韓国企業8社、インド7社、オーストラリア3社、インドネシアとタイが各2社選ばれたが、日本企業は1社も含まれていなかったと伝えた。

 中国企業は2008年には13社、2009年と2010年は16社、今年が23社と毎年増加している。不動産と建設業が好調を見せた中で、自動車メーカーやと銀行が新しく含まれた。

 韓国企業はCJ第一製糖、東部火災、漢拏(ハルラ)建設、現代クルロビス、現代モービス、LG生活健康、NHN、三星エンジニアリングなどが選ばれた。

 日本企業は2005年には、トヨタ自動車や日産自動車など13社が含まれていたが、昨年は任天堂と楽天の2社へと減少し、今年はついに1社も残らなかった。

 フォーブスは2005年から総収益や時価総額規模が30億ドル以上のアジア・太平洋地域企業の過去5年間の収益と経営利益、資本収益率などを分析し、成長展望がある50大企業を選定している。(編集担当:李信恵・山口幸治)

ホームページ作成株式会社杉山システム